LKM512

ポリアミンがアレルギーを抑制

LKM512は、胃酸でダメージを受けずに腸まで到達し、大腸で増殖するビフィズス菌です。

共同乳業の研究によると、LKM512は腸内で低分子のポリアミンを増やしてプロバイオティクス効果を発揮します。

ポリアミンとは、アミノ酸の一種であるアルギニンから合成されるもので、動脈硬化などさまざまな疾患の抑制効果が期待されている物質です。

このポリアミンの作用により、腸管のバリア機能が高まり、消化過程のタンパク質や微生物が体の中に侵入するのがガードされます。

その結果、炎症やアレルギーの発症機会が減少することが考えられます。

ガン予防効果

また、腸内では食事由来の有害物質、あるいは微生物の作り出す有害物質がたくさん存在し、DNAに損傷を与えます。

これがガン化の始まりなのですが、ポリアミンには損傷を受けたDNAを修復する作用があります。つまり、大腸ガン予防に有効ということです。

さらに、改善された腸内フローラが断続的に作り出すポリアミンは、腸管から吸収され全身の細胞へ移行します。

このように全身の免疫系に作用し、免疫バランスが改善されることが実験で確認されています。